任意の募金制についてのお願い

この記事を書いた人
hoshu

統合失調症当事者lineグループ「すきゾ!」の管理人。1996年に統合失調症発症。その後僧侶の資格を取得、30代で北京と3年ウイーンで1年海外生活。

1人でも多くの方が、希望を見いだし、心が救われますように😌 一緒に乗り越えましょう!一緒にいっぱい楽しみましょう😃

hoshuをフォローする

サーバー& ドメイン

信頼性と自由度の高さから有料のドメイン・サーバーを使用しています。

無料のものを使う手も考えられるかもしれませんが、無料のものは自由度がなく色々な活動がやりにくいこと、サービスが急に変更になったりサービス終了したりすることがあるため、有料のものを選択しています。

ドメインに関しては、.net や .comなどは安いのですが、「統合失調症という個性を好きになる」という意味も込めて .loveにしています。
(このブログのドメイン blog-ga-schizo.net は line.schizo.loveに移行予定です。)

すきゾ!専用スマホ

すきゾ!専用スマホについては、1つのスマホでやっていると仕事柄スマホは手放せず、すきゾ!から離れる時間がなく仕事に差し支えている現状です。

友だち追加の上限が5,000人なので、この勢いで増えていくと、仕事上の友だち追加が出来なくなる可能性もあります。

ボランティア活動として

人を集めるために積極的にブログ等で発信していましたが、次のステップに進む時期のように感じています。

今まではボランティア活動の一環と考えて、ブログの広告収入等で費用を負担してきました。

しかし、個人の闘病系ブログは検索されにくくなっており、またブログの更新頻度も低くなるために広告収入で賄うには厳しい現状です。

 

皆のグループであるし、誰かが血を流しながら運営している現状では、管理者の心が折れるか、資金的に頓挫するとグループは解体せざるを得なくなります。

現状、すきゾ!に関わる時間・労力・メンタル的な負担など、仕事でやるレベルであるかもしません。

副管理人制も提案されていますが、現状ではシステム的な問題もあります。

もし可能だとしても、入会対応・個チャ対応・人間関係のトラブル・長期的にグループに在籍する必要があることなどを考えると、時間的・メンタル的負担が大きすぎてなかなか難しいように感じています。

任意の募金制

そこで、皆さまにご協力をお願いして、任意の募金制を試してみようかと思っています。

メンタルグループで会費制・募金制を取っているところはないようなので、成功しても失敗してもモデルケースとなれば好いかと考えています。

募金制が成功したら、収益と運営を誰かに引き継げないかとも頭の隅にはあります。